スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22年冬季五輪4票差で北京

2015.08.01 (Sat)
国際オリンピック委員会(IOC)は31日、クアラルンプールで第128回総会を開き、2022年冬季五輪開催地に北京を選んだ。

北京は08年に夏季大会を開いており、史上初めて夏冬両五輪を開催することになった。アルマトイ(カザフスタン)は中央アジア初開催を逃した。

総会ではアルマトイ、北京の順に招致演説が行われ、IOC委員による投票では、北京が44票、アルマトイが40票とわずかな差だった。

中国での冬季五輪開催は初めて。アジアでは1972年札幌、98年長野、18年の平昌(韓国)に続き4度目。五輪は平昌から20年東京に続き、3大会連続のアジア開催。

北京は08年夏季大会の会場を利用して開催費用を抑える計画をアピールし、実績を訴えた。開催期間は22年2月4~20日(パラリンピックは3月4~13日)。

今回の招致では巨額な設備投資や住民の反対で立候補断念や撤退が相次いだ。最終候補2都市から開催地を選んだのは、06年冬季大会を決めた99年総会でトリノ(イタリア)がシオン(スイス)を破って以来。

◇五輪開催都市の横顔

北京 中国の首都。人口は約2100万人。08年に夏季五輪を開き、史上初の夏冬両五輪の開催地に。主な会場は北京の他、延慶と河北省張家口市の3地区。北京では05年にショートトラック、14年にカーリング男子の世界選手権を開催した。(時事通信)

コストがかかる割に経済効果が期待できな冬季五輪に、今後、各都市の招致活動が期待できない。ましてや2018年韓国の平昌は工事が遅れに遅れ、開催が危ぶまれている。

冬季五輪は先進国でしか開催できないと言われてきた。ウインタースポーツが根付いていないと作った施設の維持費が保てないからだ。そういう意味においては、選択肢のない今回、北京に決まったのは苦肉の策だったのでは?

PR------------------------------------------------------
患者さん減っていませんか?
歯科医のためのホームページ集客戦略
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。