FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜値下がりで平年並みに戻るか

2015.06.04 (Thu)
雨不足で高騰していた野菜だが、日本列島の順調な梅雨入りを受け値下がりに転じ始めた。農林水産省が発表した5月25~29日の野菜小売価格緊急調査(全国平均)では、対象4品目中3品目が前週より安値で推移。一時は平年比で8割も高かったキャベツは2週連続で値下がりし、平年比3割高の水準までに落ちついた。まだ平年の価格よりも高いが、梅雨入りを前に雨不足の解消が見込まれるだけに、価格が平年並み戻るとの期待が高まっている。

調査によると、値下がりしたのはキャベツ、キュウリ、トマト。特にキャベツは前週比24%安(1キロ233円)と大幅に下がった。値下がりは2週連続で、5月11~15日に平年比85%高(同318円)まで急騰した価格は、同35%高まで戻した。また、キュウリは前週比3%安(同505円)、トマトは1%安(同675円)で、ともに4週連続の値下がりとなった。

一方、レタスは1%高(同424円)とわずかに値上がりしたが、5月11~15日(前週比24%安)、18~22日(同16%安)と2週連続で2ケタ安となるなど、全体的な値下がり傾向は鮮明になっている。

農水省は6月の野菜の卸売価格について、雨不足による干魃(かんばつ)などの影響で、前半は主な野菜14品目のうち13品目で平年より2割以上高くなるとの見通しを示している。

ただ、「梅雨入りで雨が順調に降り、野菜の生育スピードが戻れば、6月後半には平年並みの価格に回復する可能性もある」としている。(産経新聞)

食前のサラダにこだわっているので助かるな。

PR------------------------------------------------------
患者さん減っていませんか?
歯科医のためのホームページ集客戦略
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。