スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成田空港37年で発着500万回

2015.06.03 (Wed)
成田空港で航空機の発着回数が2日午前、累計500万回に達した。節目となったのはヘルシンキ行き日本航空413便。1978年5月20日の開港から37年での達成となった。

搭乗ゲートで開かれた式典で、成田国際空港会社(NAA)の深谷憲一副社長は「今年は第3旅客ターミナルビルも開業した。600万回を目指して進化を続けたい」とあいさつ。413便の原口博司機長(45)は「自分も成田の国際線を中心に運航してきたので感慨深い」と述べた。

開港初年度の成田空港発着回数は5万3000回で、累計100万回まで12年半かかった。近年は格安航空会社(LCC)の新規就航や増便により国内線の発着回数が増えており、昨年度は年間22万8000回と過去最高を記録。累計400万回からの100万回は4年9カ月で達成した。

しかし今年度は、円安の影響で日本人客が減ったことや、北米-アジアの直行便が増えて成田での乗り継ぎ客が減少したことから、NAAが中期経営計画で掲げた目標発着回数26万回には届かない見通しだ。(毎日新聞)

利用者数ランキングでは世界で43位とかなり苦戦している。ちなみに羽田は世界4位だ。37年前の開業のドタバタは一体何だったんだろうね。

PR------------------------------------------------------
患者さん減っていませんか?
歯科医のためのホームページ集客戦略
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。