スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学案内おしゃれに一新

2015.06.01 (Mon)
まるでファッション誌-。近畿大学(大阪府東大阪市)が大学案内一新させ、話題を集めている。これまで多くを占めていた各学部のカリキュラムや研究内容はほとんど掲載されておらず、学生たちのファッションや部屋をスナップ写真で紹介し、“おしゃれなキャンパスライフ”を前面に押し出す内容になっている。全国の大学案内を取り扱っている株式会社フロムページ(大阪市中央区)の広報担当者も「今年度版はまだ2~3割の大学からしか届いていないが、このような大学案内は見たことがない。斬新な試みだと思う」と注目している。

近大は昨年5月、2016(平成28)年版の大学案内の製作を、高校生や大学生と対象としたカルチャー情報誌などを手掛ける出版社「グラフィティ」(東京都渋谷区)に依頼。同社発行の雑誌「東京グラフィティ」さながらの作りで、ファッション誌やカルチャー誌を彷彿(ほうふつ)とさせる。

「近大生たちのリアルファッションスナップ」と題された特集では、全80ページ中24ページが割かれ、学部ごとに学生ら約10人のファッションを紹介。今日のファッションのポイント▽値段▽近大生になってよかったこと▽最近はまっているもの-など、簡単なプロフィルも添えられている。

このほか、近大生の美男美女を紹介する「近大美少女・近大美男子」▽「近大人のひとり暮らしGALLERY」▽卒業生が数十年前に撮った写真を再現する「近大タイムスリップ写真館」-など、雑誌の人気企画に倣って、“近大版”グラフィティを製作した。

発行部数は20万部。資料請求をすれば無償で取り寄せることができるほか、今後は書店でも定価480円で販売を予定している。すでに一部書店では、注文を受け付けており、一般の人も入手が可能だ。

取材した同社のプランニングディレクター、篠原和久さんは約3カ月間、毎日のように近大に通い、学生ら計1025人を撮影した。

当初は事前に依頼をせずに、その場にいた学生に声を掛けていく方法で、ゲリラ的に突撃取材をしていたが、そのうち、新しい取り組みに興味を持った学生が学生を呼ぶ形で広がっていったという。篠原さんは「学生たちも楽しんで参加してくれ、一緒に作ることができた」と振り返る。

優等生だけでなく、「一般的な学生」から「アキバ系」まで、ありのままの姿を撮影することで、総合大学ならではの多様性を浮かび上がらせた一方、選んだわけではなかったが、結果的に各学部の特色も出ている。

構想段階では予定されていた「学長あいさつ」も思い切って外し、代わりに表紙の裏ページには「東京グラフィティ」編集長がごあいさつ。裏話を交えながら取材を通してみた近大生の姿を紹介している。

フロムページが実施した「テレメール全国一斉進学調査」(平成26年度、大学受験生3万9707人が回答)によると、大学や学びたい学問の検討に利用したもの(複数回答)という問いに、2万4681人が大学のパンフレット(案内)と答え、2位の大学のホームページ(2万4580人)と並び多くの票を集めた。3位以降は、オープンキャンパス(1万4144人)▽高校の先生の話(1万370人)▽進学情報誌(9542人)▽進学情報サイト(8853人)▽親やその他の家族の話(6923人)▽知人・友人・先輩の話(6878人)-などが続いた。

「進学の悩みを解決する上で役に立ったもの」「入学する大学への興味を深めるために利用したもの」という質問でも大学のパンフレットが1位となり、大学案内は受験生を呼び込むために大きな役割を担っていることが明らかになった。

近大広報部によると、近大には13学部48学科あり、大学案内1冊に各学部の情報を網羅するには限界があったという。そのため、大学案内では概要のみを掲載し、詳細データは各学部のパンフに記載していたが、重複する部分もあり、もっと効果的な掲載方法はないかと模索し、思い切った改革を行うことを決めた。各学部のデータは別冊という形で掲載したほか、パンフやホームページで詳細に紹介している。

これまでの形式を打ち破った方法に、受け入れてもらえるかなどの不安もあったという。しかし、大学に寄せられている声は、「見やすい」「おしゃれ」など、好意的なものが多く、担当者はほっと胸をなで下ろしている。

いかに大学の魅力をPRしていくか、少子化にともない、大学は学生集めに躍起だ。

グラフィティのプロデュサー、黒田佳史さんは「今後は、このような大学案内がスタンダードになっていくだろう」と予想した。(産経新聞)

近大はマグロをはじめ、組織が会社化しているね。

PR------------------------------------------------------
患者さん減っていませんか?
歯科医のためのホームページ集客戦略
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。