FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜岡原発が「事前同意」不要で調整

2015.05.15 (Fri)
中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)から10~30キロ圏内の7市町が、中部電と締結を目指している安全協定を巡り、再稼働への「事前同意」を盛り込まない方向で最終調整していることが関係者への取材で分かった。中部電側に抵抗感が強い事前同意にこだわるよりも、具体的な安全対策を求めることにしたためで、協定締結に向けて議論は大きく前進するとみられる。浜岡原発は14日、全面停止から丸4年を迎えた。【西嶋正信】

7市町は、袋井▽磐田▽島田▽藤枝▽焼津の5市と、吉田、森の2町。

浜岡原発を巡っては、立地する御前崎を含む10キロ圏内4市(牧之原、菊川、掛川)が静岡県と連名で、東日本大震災(2011年)以前に中部電と安全協定を締結している。この協定に付属する解釈書に「原子炉施設の設置、変更などを行う場合の事前了解が実質的に担保される」と記されているが、この項目は「再稼働への事前同意を意味するものではない」というのが県や4市と中部電との共通認識になっている。

一方、緊急防護措置区域(UPZ)の30キロ圏内にありながら安全協定を締結していない7市町は震災後、協定締結を目指して協議を重ね、昨年9月に「4市協定に準じる」との案をまとめた。この時点では、首長の一部から「4市協定にとらわれずゼロベースで議論を」「4市協定より踏み込んで再稼働への事前同意を盛り込むべきだ」などの意見が出ていた。

協定に関する協議に関わる7市町と県の関係者によると、今年3月、非公開の会議で中部電側から「準じるとはどういう意味か」と問われ、7市町側として「4市協定を超えないもの」と回答したという。関係者は取材に対し「再稼働は国のエネルギー政策にかかわる問題で、(自治体が主体となる)防災とは区別する必要がある。10キロ圏内の4市と一体的な防災体制を構築したい」と話した。

ただ、安全協定に事前同意の規定がなくても、7市町の中には再稼働に反対の姿勢を示す首長もいる。川勝平太知事も「(4市と合わせた)11市町の同意がなければ動かせない」と発言しており、中部電が目指す再稼働へのハードルは依然として高い。

中部電力が所有する唯一の原発で、東海地震の想定震源域に立地する。東日本大震災後の2011年5月、菅直人首相(当時)の停止要請を受け入れ、全面停止した。原子炉5基のうち2基は老朽化のため廃炉作業中。中部電は再稼働に向けて14年2月、4号機の安全審査を原子力規制委員会に申請した。

中部電力は、2015年3月期連結決算で4年ぶりに経常黒字に転換したが、浜岡原発停止に伴う火力発電所の稼働増で燃料費がかさむ状況は続いており、「経営安定に浜岡再稼働は必要」としている。だが、原子力規制委員会による4号機の安全審査は足踏み状態だ。

浜岡原発は、東京電力福島第1原発と同じタイプの沸騰水型(BWR)。震災後に定められた規制基準はBWRについて、事故時に放射性物質の放出を減らす「フィルター付きベント装置」の設置を初めて義務付けた。国内では設置例がなく、審査長期化の原因となっている。

更に東海地震の想定震源域に位置しているため、原子炉圧力容器などの重要施設が揺れに耐えられるかといった審査も課題だ。中部電は津波対策として、防波壁(高さ22メートル)や海水流入を防ぐ扉の設置を進めているが、これらについても慎重な審査が続く。

火山対策も焦点になる可能性がある。中部電は半径160キロ圏内にある富士山や、噴火警戒レベルが引き上げられた箱根山を含む12火山の影響を調べた結果、「安全上重要な施設に影響はない」としたが、規制委内部ではより厳しい火山対策を求める意見もある。(毎日新聞)

北半球では、大都市の南西には原発を設置しない暗黙のルールがある。偏西風が吹いているからだね。ところがこの浜岡原発は東京の南西にあたり、不安定な砂地の上にたつ「砂上の楼閣」としてイワク付きの原発だ。一説には中央リニア新幹線の電気供給のために無理して作ったとも言われているんだね。

原発をやみくもに否定するつもりはないけど、どうしても稼働したいのなら、各電力会社の役員クラスの家族がその原発の地元に生活の拠点を移すぐらいの気持ちが必要だね。

PR------------------------------------------------------
患者さん減っていませんか?
歯科医のためのホームページ集客戦略
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。