FC2ブログ

東洋ゴム改ざん発覚後も出荷

2015.03.18 (Wed)
東洋ゴム工業(大阪市)と子会社が製造・販売した免震装置に国の性能基準を満たさない製品が含まれていた問題で、国土交通省は17日、兵庫県稲美町の同社兵庫事業所(明石工場)に立ち入り調査した。また、性能不足の装置が使われた全国55棟のうち12棟は、不良品の疑いがあると発覚した昨年2月以降に納入されていたことが分かった。

立ち入り調査は同日夕から任意で、同省住宅局の職員らが実施した。安全性を検証するため、担当者が数値を改ざんしたとされるより前の性能データの提出を求めたほか、関係者から改ざんの経緯についても事情を聞いた。データや報告内容を持ち帰り、必要に応じて追加調査やこの担当者からの聞き取りも検討するという。

最終的な調査結果によっては、各都府県とも連携して法的措置も検討する姿勢だ。ただ、国が認定した性能と異なる製品を引き渡した事業者に対する建築基準法の罰則規定(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の施行は今年6月で、今回は適用できない。

問題の55棟のうち12棟は、担当者が代わり、性能不足の疑いが出た昨年2月以降もこの免震装置を納入し、今年2月まで続けられた。同社は「もっと早くに社内調査の確度を高めていたら、納入を止められたはずだった」としているが、国交省は「疑いの出た時点で出荷をストップすべきではなかったか」と批判している。

同省は同日、幹部による連絡会議を行い、原因究明のほか性能評価や認定制度の総点検などを進める方針を確認した。対象となる建築物の構造安全性を3月末までに検証することや、速やかな改修の実施、利用者や居住者への周知徹底を急ぐことも決めた。(毎日新聞)

仮にいちから作り直したとしたら偉い金額になりそうだね。病院などは簡単に移転できないから大変だ。

PR------------------------------------------------------
患者さん減っていませんか?
歯科医のためのホームページ集客戦略
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top