FC2ブログ

首都高47キロ大規模改修が必要

2013.01.16 (Wed)
首都高速道路会社の調査研究委員会(委員長=涌井史郎・東京都市大教授)は15日、首都高の約300キロのうち47キロの区間が老朽化し、造り直しや大がかりな修繕が必要だと発表した。建設から40年以上たち、補強工事だけではいずれ崩落などが心配されるという。これらを中心にした大規模な改修には最大9100億円かかると試算した。(朝日新聞デジタル)

出た。首都高速有料化継続の最後の切り札だ。安全、危険の話となるとさすがに誰も反対はしないというわけだ。実際首都高を走ってみるとその老朽化は酷い。そこに今回の中央高速のトンネル落下事故の背景が加わり説得力は抜群という訳。官僚というのは国民を納得させるタイミングを知っている。

こうなるとこの論議は永久的になくなることはなさそうだ。皆さんは何かしら理由を付けられて首都高速料金を払い続けることになる。
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top