FC2ブログ

マック中国製中止で品切れも

2014.07.26 (Sat)
日本マクドナルドは25日、中国の食品会社「上海福喜食品」が期限切れ鶏肉を使用していた問題を受け、中国製の鶏肉を使った「チキンマックナゲット」など8種類の商品すべての販売を中止したと発表した。中国製の材料を使った商品について、利用者の不安の声が高まったため。今後はすべての鶏肉をタイ製に切り替えていくが、調達している鶏肉のうち中国製は4割近くを占めており、日本マクドナルドは「多くの店舗で鶏肉を使った商品の品切れが発生する可能性がある」としている。

日本マクドナルドは上海福喜食品が製造していたナゲットを販売してきたが、期限切れ問題が発覚した翌日の21日から、上海福喜食品から仕入れた鶏肉を使った「チキンマックナゲット」の販売を中止している。今回は上海福喜食品以外の中国製鶏肉を使った商品も販売を中止し、一段と厳しい措置に踏み切った。

中国では上海福喜食品以外に2社から鶏肉を調達していた。2社の鶏肉は、日本マクドナルドの検査で品質の異常は確認されていないが、利用者の不安に配慮して、調達をやめることにした。

日本マクドナルドは中国とタイから鶏肉を調達しており、2013年は中国から全体の約38%に当たる1万6925トンを調達していた。今後は中国からの調達は再開せず、タイ製に一本化する意向。中国製鶏肉は、在庫として保有している分はすべて廃棄する方針。

日本マクドナルドには25日午後1時までに約1200件の問い合わせがあり、「ナゲットを食べたが大丈夫か」「中国製鶏肉は不安」などの声が相次いだ。日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長は25日、「中国製チキン商品に対する懸念が高まっていることを受けこの決定をした。お客様の信頼に応えるべく努力したい」との談話を発表した。

また、日本マクドナルドは、チキンマックナゲットを購入した客への返金に関して、「(期限切れ鶏肉が商品に使われるなどの)事実関係の調査結果が出た後に検討する」と説明している。中国製鶏肉を使ったほかの商品については、返金の予定はないという。(毎日新聞)

BSE問題の時、知らない間にマックの牛肉は豪州産になっていた。アメリカ文化の象徴のマクドナルドに凄い違和感を感じた人も多かったのではないのかな。ましてや中国は鳥インフルエンザ発生源とされる地だね。知らない間に中国産を使い、それを公表しない。

安さで売る商売にはリスクは付き物だ。あとは自己防衛しかないね。

PR------------------------------------------------------
成功するネットショップは、仕入れが決め手です。
売れる商品をお探しの方!お越しください.
成功するネットショップ
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top