FC2ブログ

小栗が主演でルパン三世が実写化!

2013.11.27 (Wed)

「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。


テレビアニメにもなったモンキー・パンチの漫画「ルパン三世」が実写映画化され、来年夏に公開されることが明らかになった。主人公・ルパン三世小栗旬が演じ、次元大介には玉山鉄二、石川五ェ門には綾野剛、峰不二子には黒木メイサ、銭形警部には浅野忠信という豪華キャストが集結した。監督を務めるのは、ハリウッドでも活躍する『あずみ』などの北村龍平だ。

漫画「ルパン三世」は1967年に「週刊漫画アクション」で連載スタート。1971年からはテレビアニメも開始するなど、45年以上にわたって広い世代に愛されている。実写映画化は1974年の『ルパン三世 念力珍作戦』以来、実に40年ぶりだ。撮影は今年10月3日に日本でクランクイン。現在はタイで2か月に及ぶ大規模ロケを行っており、年末までに日本・タイ・香港・シンガポール・フィリピンの5か国で撮影を行う。

おなじみの赤ジャケット姿のルパン三世にふんする主演小栗は「マジかよ~実写化! と僕も思いました。ルパン三世は、多くの皆さんの中にそれぞれのルパン三世がいると思いますが、若い世代にも、リアルルパン世代にも楽しんでいただけるルパン三世をお届けできるように、タイの暑さと闘いつつ頑張っています!」と意気込んでおり、演じるにあたっては10か月にわたってアクションのトレーニングを積んだとのこと。手足の長さを再現するために8キロ減量するなど、役づくりにも余念がない様子だ。

小栗はもちろんのこと、玉山・綾野・黒木・浅野といった他キャストについても原作者のモンキー・パンチは「出演者の皆さんは、どなたも本当に魅力的で、まさに漫画・アニメのルパン三世のキャラクターたちが現実世界に飛び出してきたようだと感動しました」と太鼓判。とりわけ、キャスティングに最も時間がかかったという不二子役の黒木に対しては、現場で一目見るなり「これは不二子だね!」と深くうなづいていたという。

企画立ち上げからクランクインまでに4年以上、中でも脚本には2年半の時を費やしたという本作。ストーリーはルパン三世最初の仕事を描いたオリジナルのものになり、脚本執筆段階ではモンキー・パンチも積極的にアイデアを出し、その意向をたっぷり反映させたという。山本又一朗プロデューサーは「アクションはもちろん、軽妙なコメディーである原作の世界観を、リアリティーをもって表現したい」と自信を見せる。

また、ほかの出演者にも、台湾の人気グループ・F4のジェリー・イェン、タナヨン・ウォンタラクン(タイ)、ニック・テイト(オーストラリア)、キム・ジュン(韓国)、ニルット・シリジャンヤー(タイ)、ヤヤ・イン(タイ)と国際色豊かな才能が勢ぞろい。5か国語が飛び交う撮影現場では皆、和気あいあいとした雰囲気を楽しんでいるといい、山本プロデューサーは「オールアジアで世界市場に映画を出していきます」と手応えを明かしている。(シネマトゥデイ)

たぶんアニメの表現力には勝てないと思うけど、可能な限り原作に近づけてほしいものだね。問題はルパンの声だと思う。山田康夫亡き後、映画の声優をつとめてきた栗田貫一もしかりルパンの声のイメージは確立されてしまっているからね。

しかし黒木の峰不二子役は適格だよね。どこまでお色気がだせるか今から楽しみです。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top