FC2ブログ

デフレでなくなりつつある?8月の月例経済報告

2013.08.16 (Fri)


政府は15日発表した8月月例経済報告で、物価動向に対する判断を「デフレ状況ではなくなりつつある」とし、7月の「緩和しつつある」から変更した。

6月の消費者物価指数(生鮮食品除く)が1年2か月ぶりにプラスに転じたことなどを踏まえ、デフレ脱却に向けて前進したとの認識を示した。

雇用情勢も、完全失業率が3%台に低下したことを反映し、「厳しさが残るものの、改善している」から「改善している」へと引き上げた。

ただ、景気全体の基調判断は「着実に持ち直しており、自律的回復に向けた動きもみられる」と据え置いた。設備投資や個人消費など、他の多くの項目も判断を変えなかった。

報告では、消費者物価について「エネルギーを中心に上昇しており、それを除いた基調としては横ばいとなっている」と分析した。円安で原油や液化天然ガス(LNG)の輸入価格が上昇し、ガソリンや電気料金などが値上がりした影響が大きいとの見方だ。所得の増加で消費が活発化し、その結果として物価が上昇するという好循環を生み出すには、まだ時間がかかるとみられる。(読売新聞)

本当ですか?すきやの牛丼並盛りは変わらず¥280だし、西友は250品目の¥85均一を継続している。デフレ状態はまだ続いているが現実だ。アベノミクスが末端の家庭まで浸透していくるのはまだ時間がかかるということだね。


PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top