FC2ブログ

景気判断 2ヵ月ぶりに上方修正

2013.05.20 (Mon)
政府は20日に発表した5月の月例経済報告で、景気は「緩やかに持ち直している」として、基調判断を2カ月ぶりに上方修正した。

米国向けを中心に輸出が持ち直しの兆しが見えていること、生産や収益も改善の動きが出ていることを反映させた。消費者物価も、円安による輸入物価上昇や価格競争がやや緩和していることなどから下落テンポが緩やかになったとの判断を加えた。

政府の景気判断は今年に入り、4月を除き毎月上方修正されてきた。5月も、輸出や企業収益、生産の3項目を上方修正し、全体の判断を引き上げた。輸出は先月の「下げ止まりつつある」から「持ち直しの兆しがみられる」に上方修正。米国向けの持ち直しに加え、中国向けも尖閣諸島問題を受けた悪化がやや和らいできたこともある。 (ロイター)

数字だけとらえれば多分良いのだろうが、大多数の国民のその意識は低いはずだ。企業業績が回復して国民にまでその恩恵が届くのははやくても半年はかかるはずだ。だから政府発表のこの基調判断はまだ楽観できないのだ。

さらに今回の景気回復で企業側はさらなる内部留保を固めるかもしれない。それはこの景気がいつまで持つかという危惧があるからだ。

人工バブル景気果たしていつまで持つか、、、
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top