FC2ブログ

あなたのショップはキーワード合っている?

2013.05.17 (Fri)



キーワード(タイトル)はSEO的に非常に重要だ。
地域密着のサービス業なら『地域』キーワードは必須だが、ネット上で万人に向けて商品を販売するのに地域キーワードは要らない。ただし『銀座』『原宿』『青山』などリアル店舗のロケーションをつけることにより商品価値があがるなら、話は変わってくる。

ところでブランド品を売っている店舗の場合、その商品名で検索してくる客をピンポイントで拾っていく必要がある。ただそのキーワードでページタイトルを設定しても上位に表示させることは至難の業になる。そこで重要なのが『複合キーワード』だ。

例えば『エルメスバーキン』では勝負にならないが、そこで一緒に検索されている複合キーワードを探してだして商品ページのキーワードに設定すれば上位表示の可能性もでてくるという事だ。

ではそのキーワードをどのように探してくるかだ。
このサイトでキーワードの検索ボリュームを調べることができる。
http://adwords.google.co.jp/o/Targeting/Explorer?__u=1000000000&__c=1000000000&ideaRequestType=KEYWORD_IDEAS

こちらのサイトで『エルメスバーキン』の調べてみると月間でおよそ12000回検索されていることがわかる。これでは上位表示が難しい。でも下のほうにスクロールすると

『バーキン 定価』  880回
『バック バーキン』 1300回
などというのもある。

このキーワードを見ていると、検索している人の状況が見えてくる。『バーキン 定価』といれて検索している人はとにかくブランド品を安く買いたい人だろう。また『バック バーキン』といれて検索している人はバーキンがエルメスブランドとしらずに検索している人かも知れない。とにかくこのようなニッチなキーワードに設定すれば不要な競合を避けることができるのだ。ただし月間検索件数の理想は5000回程度以上だと言われている。あまりニッチすぎると顧客に到達できない可能性があることも忘れずに!
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top