FC2ブログ

世界を席巻する日本の最後の砦

2012.12.14 (Fri)
日本企業で世界を席巻しているものと言えば光学系の産業だ。

一眼レフカメラはニコン、キャノンの二社が双璧。ここにオリンパスを吸収したソニーが加わると医療光学系を含めてダントツのトリオが揃う。この分野は熟練した職人加工による品質最優先で、あからさまな価格競争は起きにくい。中国、韓国が簡単に参入できる分野ではないですね。

本来、日本の得意とする自動車や家電も簡単にまねできるものではなかった。なぜこうも簡単にまねできるものになってしまったのか?それは産業用ロボットかもしれない。皮肉にもこの産業用ロボットも日本の独断場である。自分で自分の首を絞めてしまっているのである。

今後、日本がトップで君臨していける分野。それはロボットも作ることができない『職人』の技術を要する光学系のような産業なのかもしれない。
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top