FC2ブログ

佐渡沖で石油を試掘 国内最大か?

2013.04.16 (Tue)
経済産業省は15日、新潟県の佐渡島沖で、石油・天然ガスを掘り出すための調査(試掘)を始めたと発表した。国内最大級となる成田空港10個分の広さの海底に埋まっている可能性があるという。政府が石油や天然ガスの試掘に乗り出すのは10年ぶり。今後、国産エネルギーを開拓するため、海底に眠る資源の調査を本格化させる。

経産省が佐渡島沖の海底を調べたところ、石油や天然ガスがたまりやすい形の地層が100平方キロメートル以上に広がっていた。国内で最も石油が出ている勇払(ゆうふつ)油田(北海道)でも広さは約35平方キロメートル。国内最大で、中東の中規模程度の石油・ガス田になる可能性があるという。(朝日新聞)

シェールガスにメタンハイドレートとこのところエネルギー関係の話題に事かかない。ここで佐渡沖から石油が出れば、日本もイギリスのような海底産油国になる可能性もある。ただ海底油田は投資も大きく埋蔵量のことを考えると慎重にならざる得ない様だ。どちらにしても資源が無いと言われ続けた日本にもかすかな光が見えてきたことは喜んでよいのでは、、、

成功するネットショップ
スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top