FC2ブログ

街角景気、過去最高に並ぶ

2013.04.09 (Tue)
内閣府が8日発表した3月の景気ウオッチャー調査によると、3カ月前と比べた街角の景況感を示す現状判断DI(指数)は、前月比4.1ポイント上昇の57.3となり、5カ月連続で改善した。2000年1月の調査開始以来、06年3月と並び過去最高の水準。円安・株高で家計や企業の心理が上向いていることに加え、14年4月に予定されている消費増税を控え、住宅などに駆け込み需要が生じていることも寄与した。

2、3カ月先の見通しを示す先行き判断指数は0.2ポイント低下の57.5と、5カ月ぶりに悪化した。円安による輸入価格上昇や電気料金値上げなどの懸念が出始めている。水準は過去最高だった2月に次いで2番目で、景気の基調判断は「持ち直している」に据え置いた。現状判断では、家計、企業、雇用の3分野全てで指数が上昇。先行き判断では、雇用は上昇、家計は横ばい、企業は低下した。 (時事通信)

なんとも不透明感のある景況感だ。マスコミが言うほど、国民全体の景気が良いとは思えない。短期的には北朝鮮による戦争恫喝、長期的には人口減少、国の債務問題等々マイナス要因が目白押しの中で国民全員が好景気を実感できること自体に無理がある。

前回の「いざなぎ景気」もクラウドだったが、今回の「アベノミクス景気」もクラウドで終わるのではないか?



スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top