FC2ブログ

鳥インフルエンザで中国、死者発生

2013.04.04 (Thu)
中国でH7N9型の鳥インフルエンザの感染者が相次いでいる問題で、浙江省政府は3日、同省杭州市で2人が感染し、うち1人が死亡したと発表した。上海市、安徽省、江蘇省で判明した7人と合わせて計9人(うち3人死亡)となった。上海を中心とする華東地区で感染範囲が拡大しており、中国政府は警戒を強めている。

浙江省政府などによると、死亡したのは杭州市の38歳の男性。3月7日に発熱などの症状が出て入院し、同月27日に死亡した。4月3日にH7N9型の陽性反応が確認された。もう1人は杭州市の67歳の男性。3月25日から入院している。

杭州市の38歳の男性は調理師で、江蘇省蘇州市で仕事をしていて発症し、3月18日に浙江省に戻ったという。江蘇省では4人の感染が判明。また、関係者によると、上海市で死亡した27歳の男性も発症する前は江蘇省で仕事をしていた。

中国は4日から先祖の墓参りをする清明節の3連休が始まる。多くの人が国内旅行などで移動するため、感染の危険性も高まる。中国当局は、旅行先で鳥や家畜に近づかないよう注意を呼びかけている。(毎日新聞)

鳥インフルエンザがまた流行の兆しを見せている。元凶はまた中国だ。この鳥インフルエンザはPM2.5のように中国から飛んでくる。そう渡り鳥が運んでくる可能性が高いのだ。

気になるワクチンの製造だがどんなに頑張っても半年は必要。とにかく鳥に近づかないことだ。





スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top