FC2ブログ

すき家が牛丼並盛10円値下げ

2014.02.28 (Fri)
ゼンショーホールディングスは27日、牛丼チェーン「すき家」で、4月1日から「牛丼並盛」の価格を現行の税込280円から270円へと10円値下げすると発表した。大盛などの価格や他のメニューについては、3月中に決める。

同社は消費税率引き上げ後に利用者の低価格志向が強まると判断、「客数を伸ばすことで値下げ分をカバーしたい」(広報)としている。

すき家は全国1980店舗を展開する最大手チェーン。看板メニューの価格が280円で並んでいた「吉野家」「松屋」の価格戦略にも影響を与えそうだ。(産経新聞)

各社が質の向上で高価格路線を狙う中、アベノミクスの逆行するすき家はある意味異端児だ。母体がでかいからとにかく販路だけは確保せざる得ないだろうね。たぶん肉の原価はゼンショーが一番安いだろうし、行くしかないんじゃないのかな?

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


スポンサーサイト



Category: 未分類 | Comment(0)

テツトモが定番のジャージ変更

2014.02.27 (Thu)
「なんでだろう~」のフレーズでお馴染みのお笑いコンビ・テツandトモが26日、都内で10年ぶりのメジャー復帰作「桜前線」発売記念イベントを開催した。二人は1998年のデビュー以来、16年間トレードマークだった赤と青のジャージを一新。曲名の桜に合わせたピンク(テツ)と白(トモ)の新ジャージを初お披露目した。同ジャージは1着20万円するという。

デビュー17年目で初の衣装チェンジ。イベント前に取材に応じたトモ(43)は、色替えについて「こだわり抜くことも大切。(ジャージを)脱いだほうがいいと言われたこともあったけど、16年間失敗したとは思っていない」としたうえで、定着したカラーを変えるには「勇気がいるし、怖さもある。でも、いろんなことに取り組んでいると伝えられれば。テツandトモの第二章」と意気込んだ。

テツ(43)は「この年なので(ピンクと白に)浮気もいいのかな」と笑わせるも、「ぶっちゃけ、どうですか?」と慣れない色合いを心配していた。

新曲は「お笑いなしの歌謡曲」で、10年ぶりのメジャーリリースに「夢の様な話。ドッキリかと思った」とトモ。歌手転向については否定したが、「テレビでも歌っていきたい。12月31日も…。夢は大きく。その一歩を出せたことがうれしい」と11年ぶりの紅白出場を夢見ていた。(オリコン)

この二人めっきりテレビにはご無沙汰だけどしっかり地方営業で頑張っているらしい。まあ単純な笑いだし高齢者向けともいえるよね。以前、島田紳介が「同世代」を笑わせろと言っていたことを思いだす。自分と価値観が比較的同じで同時に年を重ねていくからだね。そう自分達より年配をターゲットに笑いを提供していると先にその世代が消えていくという事なんだ。

テツトモも40代半ばに突入した。そろそろ方向性を模索したほうが良いかもね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


Category: 未分類 | Comment(0)

カルビー英国市場参入を発表

2014.02.26 (Wed)
カルビーは25日、英国でスナック菓子の製造販売に参入すると発表した。3月に100%子会社を設立し、2015年1月から事業を開始する。投資額は未定。

英国のスナック菓子市場は日本と同様の約5500億円で欧州最大。3月からはエンドウ豆を使ったスナック菓子を米国から輸入販売し、来年1月からは現地での製造販売を始める。5年以内の売上高100億円を目指す。

同社は英国を含め10カ国・地域に拠点を設立しており、2020年までに海外事業の売上高を1500億円にする方針を打ち出している。(産経新聞)

カルビーは日本で収穫されるジャガ芋の一割を使用している事は有名な話だね。逆をいうともしカルビーの業績が悪化するとじゃが芋生産農家に影響が出るというわけだね。実際コンビニに行ってもカルビーの商品があふれている。

この商品力を日本だけで眠らせておく手はないね。特に英国は「フィッシュアンドチップス」のお国柄だけに受け入れられるかもしれないね。


PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

エドはるみが「死亡説」に怒り

2014.02.25 (Tue)

「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。


お笑い芸人のエド・はるみさん(49)が自身に浮上した「死亡説」にツイッター上で怒りをあらわにしている。

出回っているのは、新聞ニュースサイトの訃報記事をもとにしたコラ画像だ。エドさんは2014年2月24日にフォロワーから報告を受けると「徹底追及します。このままでは済ませません」とさっそく犯人探しを始めた。

問題の訃報記事画像は「お笑い芸人・エド・はるみさん死去 収録先のホテルで」と題したもので、エドさんは24日にフォロワーから画像の存在を知らされた。すると「これはどこの記事じゃ~!? 」と困惑気味にコメントし、情報提供者に「見たいんで、何と入れて検索したら見れるのか教えておくれでないかいー!」「ツイッターでしか見れないんだね?じゃあそれを作った人がその悪質なデマをバラ撒いた、ということでいいのかな?」と、立て続けに質問をした。

画像を詳しくみてみると、一部記述が合致することから1月28日に朝日新聞デジタルが掲載した声優・永井一郎さんの訃報記事をもとに作ったものとみられる。画像やタイトルだけでなく、日付、本文など細かな部分も作り変えていて、一見すると本物のように見える。

エドさんは悪質なデマ画像に怒り心頭といった様子で、「徹底追及します。このままでは済ませません」と宣言。フォロワーに「この悪質なデマ記事をツイッタに最初にアップした輩の名前は?また、その追跡方法が誰か分かる人が居たら教えてー!? 」と情報提供を依頼した。あまりの激昂ぶりに、お笑いコンビ「カナリア」のボン溝黒さんから「えどちゃん こわいよ。。」とコメントが寄せられると、「ええボン兄さん、夜も3時過ぎてますからねぇ…たまにはぶちギレさせてくださいよ… 堪忍袋の緒も、そろそろ切れる頃ですよ…」と心境を語った。

芸能人の「死亡説」が出ることは、それほど珍しいことではなく、最近ではお笑いタレントの小島よしおさん(33)が被害に遭った。「小島よしおさんが自殺ってマジか…」とはじまるツイートが拡散していることを受け、小島さんは1月25日に「なにこれ!? 」は生きてます!? 」と否定。「死亡説が出たけどそんなの関係ねえ!」とギャグに変えてはね返した。

今回、ターゲットにされてしまったエドさんは「ツイッターもネットにしても、これだけ一瞬でマスに発信される媒体に、その真偽も不問・匿名でOK、その発信者に『責任』を背負わされることが無いシステムが何年も野放しになっていること自体が恐過ぎの時代」と匿名ゆえの無責任な言動がはびこるインターネットの現状を問題視。なお、エドさんは24日15時時点でも犯人探しを進めている。(J-CASTニュース)

ちょっとテレビに出なくなると死亡では堪ったものでは無いね。まあ芸能人の宿命なのかな。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


Category: 未分類 | Comment(0)

牛丼業界は牛丼メインでは戦えない?

2014.02.24 (Mon)
牛丼業界に変化が起きています。「焼き牛丼」を引っ下げ、2011年に牛丼業界に殴り込みをかけた東京チカラめしの業績が伸び悩み、2013年後半の半年間に39店を一気に閉店。かたや、丼ものチェーンのなか卯は、2014年2月12日に「煮る牛丼」の販売をやめました。

吉野家など大手3社も、客単価の高い「牛すき鍋」などに力を入れて始めています。実は東京チカラめしでは、昨年3月から「煮る牛丼」のテスト販売に取り組んでいましたが、検討の結果、本格導入を断念していたことも分かりました。もはや普通の牛丼は、これから主要な戦場ではなくなっていくのかもしれません。

東京チカラめしは、三光マーケティングフーズ(東京都豊島区)の新規事業として、2011年6月、東京都豊島区の池袋駅西口に一号店が開店。牛丼といえば、「煮た牛肉」という常識を覆し、「牛肉は焼くのが一番おいしい」とアピール。一杯280円(当時)という低価格もあって男性やサラリーマンらに大いに歓迎されました。首都圏を中心に出店攻勢をかけ、わずか1年3か月後の2012年9月に100店を達成。ピークの2013年8月には、140店超に達しました。

ところが、先行する大手チェーンも黙っていません。まず、松屋が380円の「焼き牛めし」を12年8月に投入。続いて、吉野家が480円の「牛焼肉丼」を同年9月、すき家が630円の「豚かばやき丼」を同年10月に発表。こうして牛丼業界の巨人たちが相次いで焼きメニューをぶつけ、チカラめしに襲いかかってきたのです。こうした影響をもろに受ける形で、東京チカラめしの勢いに陰りが見え始めます。昨秋あたりから売り上げが伸び悩み、2013年12月末現在で98店舗と三ケタを割り込んでいます。

その東京チカラめしが反転攻勢をかける策の一つとして、昨年3月から一部の店舗でひそかにテスト販売に踏み切ったのが「煮る牛丼」でした。新丸子店(川崎市)を手始めに、いくつもの店舗で導入。昨年前半に新しく出店した店のうち、ほとんどが「煮る牛丼」を提供していたといいます。大手に焼き牛丼を「マネ」され、痛手を受けただけに、相手の得意分野で一矢報いたいところでした。

しかし、東京チカラめしの「煮る牛丼」に、消費者の反応は鈍かったようです。結局、同社としては「既存牛丼店と同質化・比較化される」と判断。今年に入り、煮る牛丼の本格導入は断念したといいます。現在は、多様な定食メニューの展開に力を入れています。

煮る牛丼はやめる。同じような判断を下していたのが、丼ものチェーンのなか卯です。なか卯は2014年2月12日、牛丼の販売をやめました。それに代わるメニューとして「牛すき丼」の販売を開始しています。真っ正面から牛丼で戦う路線から外れたといえます。

東京チカラめしを運営する三光マーケティングフーズは「ファストフードとして、国民食として、これまでの牛丼は低価格でなければいけなかった。しかし、食材原価の高騰は事業収益を圧迫する。このままでは存続できなくなる」と危機感をにじませます。

その打開策として「牛丼メーンでなく、サブ的に牛丼を位置づけるか、高付加価値のメニューや定食メニューの開発」をあげます。

もはや、牛丼メーンではやっていけないーー。背景には、円安による原材料の値上がり、4月の消費税アップがあります。そうした業界弱者の悲鳴は、牛丼の値下げ合戦を避けて、相次ぎ牛すき鍋に参入する大手3社にも相通じる思いでしょう。

文教大学国際観光学科の横川潤准教授(フードサービス・マーケティング論)は「普通の牛丼では、どの社も利益が出にくくなっている。トッピングや別メニューで客単価を上げる方向に向かわざるを得ないのでは」と話しています。(THE PAGE)

牛のバラ肉を煮込む牛丼。今まで牛丼食文化を支えてきた世代がシニア層に突入して健康面に留意し始めたと思うね。マクドナルドもそうだけど、脂肪多そうだしね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

小島よしお生存証明に苦労?

2014.02.22 (Sat)


お笑いタレントの小島よしお(33)が、21日にフジテレビ系トーク番組「ライオンのごきげんよう」(月~金曜後1・00)に出演し、インターネット上でささやかれていた自身の死亡説について語った。

おなじみの「サイコロトーク」で「大丈夫!話」の目を出した小島は、この話題に触れた。ツイッターのフォロワーから死亡説が流れていることを伝えられ、添付された画像には「天国にいった小島よしおさんにメッセージを」と衝撃の文面。「友達からも生きてるのか?と連絡がきて」と困惑した様子。生きていることを証明するために、ツイッターで筋トレ中の写真も投稿し火消しに務めるも、おさまるどころか騒動に拍車がかかる一方だった。

自身のネット番組で生放送で出演した際も、「替え玉だ」といったメッセージが飛び交うなか、大喜利のコーナーで小島自身こん身のギャグを披露するも不発。これに対して「この滑り方は、小島だ!と、メッセージがきた」と苦笑いで振り返った。(スポニチアネックス)

昔、ビートルズのポールマッカ―トニーにも死亡説がでたね。アビーロードのアルバムにあるフォルクスワーゲンのナンバープレートが「IF28」になっていて、もし生きていれば28歳だったなど憶測が飛び交ったのは有名な話だった。

ある意味、死亡説が出るのは有名人の証拠。小島よしおもまだ何とかやっていけるのでは?

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


Category: 未分類 | Comment(0)

USJが新テーマパークを建設へ

2014.02.21 (Fri)
米人気映画などを題材にしたテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)が、ほぼ同じ規模のテーマパークを関西以外に新設する方針を固めた。候補地として国内外の4~5カ所を選び、現地の提携先と最終的な交渉をしている。今の敷地はこれ以上、大きなアトラクションを建てる余地がなくなったことから、事業拡大をめざして新天地を開拓する。

運営会社ユー・エス・ジェイの関係者によると、国内の候補地は1カ所に絞り込んだ。「地盤の関西地方や、東京ディズニーリゾートがある関東を除いた地域」で、東北か九州・沖縄の可能性が強い。

海外はアジアの中から「人口が多くて所得水準が上がってきている都市部」の3~4カ所。台湾の台北、インドネシアのジャカルタ、インドのムンバイなどとみられる。(朝日新聞)

東北か九州が候補に挙がっているようだけど、ちょっと厳しいかな。三大都市圏の大阪であれほど苦戦しているわけだしね。TDLが良すぎるだけに比較され易いのも事実だし、海外戦略のほうが良いと思うね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

明治ブルガリアヨーグルト砂糖添付を終了

2014.02.19 (Wed)
明治が、2月下旬から「ブルガリアヨーグルトLB81プレーン(450g)」への砂糖添付終了すると発表した。新たに独自製法「まろやか丹念発酵」を使用して、よりまろやかなおいしさへとリニューアルするのにあわせたものという。

同社は理由として、近年ヨーグルトの食べ方が多様化し、消費者が添付砂糖を使用しなくなったことや、価格・健康効果などを比較し検討した結果、添付砂糖の重要性が非常に低いことが分かったことを挙げている。

この対応にTwitterやはてなブックマークでは「ショックだ」「俺は砂糖付いてたから買ってた」「ブルガリアヨーグルト砂糖集めてたのに……」との声や、逆に「蜂蜜入れて食べるから砂糖は使ってないなあ」「あれ使い切れなくて邪魔だったし、いいんじゃないの」といった声もあり、その反応はさまざまだ。

今回の砂糖添付終了に関して、明治は「よりまろやかになりますので、そのままお召し上がりいただいたり、果物や蜂蜜を加えたり、料理に利用したりとさまざまな使い方をお楽しみください」と新しい食べ方を提案している。

砂糖無しで、新しく生まれ変わる明治ブルガリアヨーグルト。この機会に新しい食べ方を再発見してみてはいかがだろうか。(ねとらぼ)

自分はこの砂糖いつも廃棄していた。ヨーグルトを食べる人って概ね健康に留意しているから、砂糖は極力控えるのではないかな?砂糖の分安くするほうが企業としては得策だね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


Category: 未分類 | Comment(0)

タモリ、ふなっしーに突っ込み

2014.02.18 (Tue)

「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。


千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが17日、フジテレビ「笑っていいとも」の「じっくり話太郎」のコーナーでタモリ(68)と 2人でトークを繰り広げた。

ゆるキャラとのトークということで、タモリは「なに話せばいいんだよ」と困惑しながらも、ふなっしーに「なんでそんなに激しく動くの?」と聞くと「突然変異みたいなもんですよね。みなさん喜んでくれるから、しゃべるし、動くようになったなっしー」と回答。かつて、イベントに出演した際、司会者から付き添いはいないのかと聞かれ「いないなっしー」と答えたのが第一声になったことを打ち明けた。

タモリが「ゆるキャラとして中に人間は入っていないというのがお約束じゃないの?」と追及すると「その辺、あまり生々しく言われると…」とタジタジ。

タモリの追及は止まらず「何して食べてるの?」と聞くと「リアルな話すると、ふなっしーで」と本音を打ち明け、給料の話を聞かれると「時給制で1時間274円なっしー」と答え、観覧席で見ていた指原莉乃(21)らに「うそつけー!」と総ツッコミをされる始末。容赦ない追及でふなっしーは「あー、もうやりにくい!」と本音がチラリ。

それでもふなっしーは、タモリと2人で話すことが嬉しかったようで「いいともに出れて、タモリさんとお話しできてうれしいなっしー」としみじみ話すも「中の人が話してるよね?」とタモリに突っ込まれていた。(スポニチアネックス)

ひっぱりだこのふなっしーが「時給制で1時間274円なっしー」とは?噂によるとかなり稼いでいて、仕事を選んでいる状態だとか?まー今年一年持てば良いほうだと思うしね。稼げる時に稼いでいた方が良いかもね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


Category: 未分類 | Comment(0)

マクドナルド、家族客に注力

2014.02.17 (Mon)
2期連続の減収減益に苦しむ日本マクドナルドホールディングス。原田泳幸会長の下で「デフレの勝ち組」として業績を伸ばしてきたが、昨年の定番商品値上げ以来、客数がマイナス圏で推移するなど客離れに歯止めがかからない。2014年12月期は「ファミリー路線」にかじを切って既存店売上高の3期ぶりプラスを目指すが「中食需要」を奪い合うコンビニエンスストアも立ちはだかる。「回復には数年単位の改革が必要」(証券アナリスト)とする見方が根強い。

「中食市場が伸び、マックの優位性がなくなりつつある」。中核事業会社、日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長は今月6日、13年12月期連結決算の会見で危機感をにじませた。昨年11~12月の既存店客数は前年比10%超のマイナス。通期の客単価を上げたにもかかわらず、売上高は6.2%落とした。昨年8月に社長に就任したばかりのカサノバ氏にとって、日本におけるマクドナルドの課題を突きつけられた格好だ。

「100円マック」などの低価格商品で客数を増やし、高単価商品のキャンペーンで売上高全体を伸ばす-。それが04年の社長就任以来、8期連続で既存店売上高を上げた“原田マジック”の黄金パターンだった。しかし12年後半、季節限定商品の削減が裏目に出た。さらにハンバーガーなどの定番商品を値上げした13年5月の価格改定が、客離れに拍車をかけた。

この間にコンビニ各社は、手ごろな価格のドリップコーヒーで集客し、サンドイッチなどの拡販につなげる戦略が奏功。全国の店舗数は5万を突破し、「業界の枠を超えてファストフードの客を奪いたい」(大手コンビニ幹部)と攻勢を強める。

巻き返しを狙うカサノバ氏が打ち出したのは、家族連れの集客力を向上させることだ。今期は既存店への設備投資費を倍増させ、子供向け遊戯設備の新設や入れ替えを進める。家族客が多い店舗には、トレーを運ぶなどのサービスを専門にする店員を新たに配置し、小さな子供を連れた親の来店を促す。カサノバ氏は宅配サービスの強化なども挙げ、「どんな顧客に対しても最適な価格と価値を提供したい」と意気込む。

マクドナルドの新しい戦略について、いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員は「いわば原点回帰。まっとうで正しい路線だ」と評価する。家族客はマック全体の35%を占め、客単価も高いだけに業績回復の鍵となる。販促キャンペーンを多用した「原田路線」と比べ、接客サービスの改善は地味だが、王道といえる。

その半面、客足が戻るまでには時間がかかる。今期の業績予想は、既存店売上高を0~1%増と手堅く見積もる。鮫島氏は「ファミリー路線の定着には2~3年かかるだろう」と分析。「コンビニから客足を奪い返す手段とはいえず、分かりやすい短期的な施策も必要だ」と提案する。

また、野村証券の繁村京一郎シニアアナリストは「目新しさで客を引きつけても長続きしない」と指摘する。そのうえで、今春の消費税率引き上げも念頭に「客足の回復が先決で、低価格志向への訴求は欠かせない」と強調する。今年1月のマックの販売実績は、セット価格700円前後の期間限定キャンペーンが客単価を押し上げ、既存店売上高が前年同月比3.4%増と7カ月ぶりに改善。しかし、客数は5.3%減となり、9カ月連続のマイナスに終わった。カサノバ氏の路線変更の成果が問われるのはこれからだ。(SankeiBiz)

マーケティングには定評のあるマクドナルドが喘いでいる。方向性が見えてこないんだね。低価格路線のイメージを一度作りあげると、客単価をあげるのは至難の技だろうね。どんなに頑張ってもジャンクフードだけに、高価格は付けにくいのも事実だ。ファッション性だけで売れる時代は終わったのかもね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

太平洋側で大雪の予報

2014.02.14 (Fri)

「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。


九州の南海上にある低気圧が発達しながら北東へ進んでいる影響で、14日は九州から関東の太平洋側を中心に雪や雨が降った。気象庁は西・東日本は14~15日、東北地方は15~16日に大雪に警戒するよう呼び掛けている。交通が乱れる恐れがあるほか、沿岸部や海上は暴風や高波にも警戒が必要。

東京23区でも雪が降り始め、15日午前6時までの24時間降雪量は10センチ、関東南部平野部は15センチと予想される。

また、岐阜県山沿いと甲信は50センチ、静岡県山沿いと関東北部山沿い、埼玉・秩父、東京・多摩西部、神奈川・箱根は40センチ、近畿北部・中部山沿いと三重県北部・中部、関東北部平野部は25センチ、四国の山沿いと近畿中部平地、近畿南部山沿い、岐阜県平地、多摩北部・南部、東北太平洋側は20センチの見込み。(時事通信)

今年は雪の当たり年だね。本日は平日だけに混乱が必至だ。皆さん気をつけてね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


Category: 未分類 | Comment(0)

ローソン小型スーパーに参入

2014.02.13 (Thu)
ローソンは、2月下旬から小型スーパーの事業に参入する。

ローソンが新しく手がける小型スーパーは、広さが通常のコンビニ店舗の1.5倍ほどで、扱う商品は、5,000~6,000種類と、2倍近くに増やす。

生鮮食品や日用品などの品ぞろえを充実させることで、コンビニエンスストアでは対応しきれない需要に応えようというもので、大型スーパーが少ない東京や大阪など、都市部の住宅街で、2015年2月末までに、100店舗の出店を目指す。

高齢化や単身世帯が増える中、スーパー大手のイオンも、都市部を中心に小型店の出店を加速させていて、今回、ローソンがコンビニとして、初めてスーパー事業に本格的に参入することで、競争が激化するとみられる。(フジテレビ系)

確かに流通系ではここにしか隙間が無いような気がするね。特に都心部は無風状態だ。従来のコンビニでは扱う商品に無理があるからね。ただ生鮮に関してはある程度のノウハウが必要。ローソンがどこまでやれるか見ものだね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


Category: 未分類 | Comment(0)

モーグル遠藤、頼みの技で沈む

2014.02.11 (Tue)
放心したように観客席に座っていた。遠藤はメダルを懸けた6人の滑りを正視し、決勝1回目で敗れた自分との差を探そうとしていた。でも、答えは出ない。脳裏を巡ったのは、「何で俺はここにいるんだろう」と悔やむ思いばかりだった。

自分を世界のトップ争いに押し上げたエアの大で沈んだ。斜め3回転のコークスクリュー。第2エアで着地が横に大きくずれ、滑るコースの位置が変わって得点が伸びなかった。エアの前のこぶで重心が左に傾き、エッジが雪に引っ掛かったまま飛び出してしまった。痛恨のミスだった。

多少詰まり気味に飛んでも回れ、踏み切りが抜けても着地できる。また、飛び出しの形も数種類を使い分け、体幹を鍛えることで少しのミスは筋力でカバーできるようになった。公言してきたメダルに、このエアが導いてくれるはずだった。

予選はエアの難度を下げ、無難な滑りで4位通過した。ここまでは思い描いた通り。実績を考えれば、12人が突破する決勝1回目で大を出す必要はなかったが、決断に悔いはない。「詰めが甘く、力が及ばなかった」と力不足を責めた。

こつこつと築き上げてきたものが一瞬で崩れる悔しさを知った。この敗北を受け入れるにはまだ時間がかかるだろう。4年は長い。それでも、「この借りは返したい」という思いはある。(時事通信)

マスコミの過剰なまでの期待に、メダル取りを断言する選手などに結果がでなくて、どっちらけなんだよね。本田のようなビッグマウスも結構だど、メダルをとってからコメントするのが一番だね。日本人はプレッシャーに弱いんだから!

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

生き残りをかけ雑誌の模索が続く

2014.02.10 (Mon)



今年1月に入り『すてきな奥さん』(主婦と生活社)と『JILLE』(双葉社)が相次いで休刊を発表しました。『すてきな奥さん』は1990年に『主婦と生活』の後続誌として創刊。『JILLE』は2001年に創刊し、裏原宿系のファッションを好む10~20代女子から支持されていました。年明けすぐに伝えられた人気雑誌休刊のニュースに、時代の移り変わりを感じるという声が聞かれます。

出版科学研究所(東京都新宿区)の発表によれば、昨年2013年に休刊した雑誌は124点。『Grazia(グラツィア)』(講談社)、『月間大人ザ・テレビジョン』(角川書店)、『日経PCビギナーズ』(日経BP社)などが相次いで休刊。なかでも人気雑誌『ViVi』の姉誌として2005年に創刊した『GLAMOROUS(グラマラス)』(講談社)の休刊には驚いた人が多かったようです。

同研究所では、2013年における雑誌の推定販売額は前年比4.4%減と伝えています。

雑誌休刊が増えている背景には、雑誌広告費の減少があります。インターネット広告費が雑誌広告費を上回ったのは2006年。この年、インターネット広告費は4826億円、雑誌広告費は4777億円でした。さらに翌年、インターネット広告費は前年比6003億円と前年比24.4%増。この後、インターネット広告費が伸び続けるのに対し、雑誌広告費は下がり続けています。

また、2006年には休刊誌数が創刊誌数を上回り、「創刊による押し上げ効果が縮小した」と「2006年 日本の広告費」(電通)とされています。翌年の2007年には休刊数が初めて200を超えました。2006年、2007年は雑誌にとっての節目の時期だったと言えるかもしれません。さらに2009年の広告費は前年比74.4%と激しく落ち込みます。

2012年の雑誌広告費は10年以上ぶりに前年比100%を超え、100.4%。ただしこれは、前年の東日本大震災の反動増などで広告費全体が上がったことによると見られ、電通の分析では「(雑誌の)創復刊点数は98点で過去最低レベルの100点を割る低調ぶり」「目玉となる大型創刊は少ない」と指摘されています。とはいえ、「アラサー世代女性向けの『BAILA』(集英社)や、女性・母・妻の3役を提唱する30代女性向け『VERY』(光文社)の広告集稿は前年比で30%以上の伸長」と一部の女性誌が健闘を見せている様子が伝えられています。

情報が簡単にネット上で収集できるようになり、暇つぶしのための無料コンテンツもあふれる現代。雑誌にはこれまでと違う打ち出し方が求められています。そんななか、昨年創刊して大きな話題となったのが“ぽっちゃり女子”のための応援マガジンと銘打たれた『la farfa(ラ・ファーファ)』(ぶんか社)。カバーモデルにお笑いタレントの渡辺直美さんを起用し、登場する読者モデルたちももちろんぽっちゃり体型。これまでになかったタイプの女性誌として注目を集めています。

そのほか、昨年から今年にかけて『anan』(マガジンハウス)『EDGE STYLE』(双葉社)などがリニューアル。直近では、『JUNON』(主婦と生活社)が2014年3月号からリニューアルすることが報じられています。

数年前から続く雑誌の「模索の時代」。読者の心をつかむ雑誌はあるのか、生き残りをかけての戦いが始まっています。(THE PAGE)

ネットの無料情報にどう対応するか?簡単そうで非常に難しい課題だね。ネットの無料の情報の裏には必ず有料サービスへの誘導があるわけど、書籍にはまず購入してもらうという大きなハードルが存在してしまう。ここが一番難しいところだね。

いっその事ネットで無料誘導して、選ばれた人だけが雑誌を購入できるような仕組みを作ってステータスをあげていかないといけないかものね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

ソチ五輪の開会式で珍事

2014.02.08 (Sat)
ソチ五輪開会式セレモニーで、雪の結晶のオブジェが徐々に輪に変わり、五輪マークを形作る演出中に、一つだけ輪が開かず「四輪」になるトラブルがあった。

開会式の総合プロデューサー、コンスタンチン・エルンスト氏は開会式後の記者会見で、「実は五輪の演出は一番簡単な技術だった。一つ輪が開かなかったが、オリンピックのムーブメントはすでに開いている」と述べ、問題ではないとの見方を示した。

エルンスト氏は開会式の演出の狙いについて、「ロシアの印象はクマやウオツカ、バレエだけではない。今回のショーで、国の新しいイメージを作りたかった」と述べた。(時事通信)

うーん失敗を認めないのもロシア流なのかな。テロもなくアスリートが危険に晒されないことを祈るばかりです。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

VAIO売却でソニーらしさを追求

2014.02.07 (Fri)
この数日、メディアを賑わせていたソニーのパソコン事業売却報道。同社は2月6日、日本産業パートナーズが設立する新会社に、VAIOブランドで展開しているパソコン事業を譲渡すると正式発表した。

背景にあるのは、同社のパソコン事業の不振と、パソコンビジネスそのものの環境悪化だ。

同社のパソコン事業は2013年3月期は営業赤字、今期も赤字の見通しだ。販売台数は2011年3月期末で870万台をピークに右肩下がりを続け、2014年3月期末には580万台まで落ち込む見込みだ。世界シェアも9位のわずか1.9%にとどまる。

世界市場ではパソコンの需要台数は2011年に3億6400万台をピークに、2013年は3億1455万台と前年比10%減。一方でスマートフォンは2012年の7億6900万台から2013年は11億7600万台へ、前年比53%の増加。タブレット端末も2012年の1億7100万台から13年は2億8100万台へと64%の増加だった。個人向けのパソコン需要は、スマートフォントとタブレット端末に食われており、今後もその傾向が加速することは確実だ(数字はいずれもIDC)。

長内厚・早稲田大学ビジネススクール准教授はこうした売却報道の主人公としてソニーが登場することに、同社の変化を感じるという。

長内准教授は97年から07年までソニーに勤務し、その間、台湾の大手家電メーカー・奇美実業グループの新視代科技の総経理室上席研究員としても勤務経験がある。同氏は「平井社長になってから、垂直統合型から水平分業型のビジネスモデルへ転換することをためらわなくなった。むしろ水平分業型でのビジネスに自信を持ち始めているようだ」と評する。

垂直統合型のビジネスモデルとは、テレビなどに代表されるAV機器の製造体制を表す言葉で、製品の開発や設計、組み立てなどあらゆる工程を自社で行う製造体制を言う。一方の水平分業型とは、台湾のフォックスコンなど製造請け負い企業の協力を得ながら、自社は開発や設計、マーケティングなどの重要な部分だけを担い、コストを極力抑えて製品を大量に供給する製造体制だ。前者の典型はパナソニックなど日本企業に多く、後者はアップルが代表だ。

長内准教授が指摘するように、日系電機メーカーは垂直統合型から水平分業型への移行を恐れていた。生産体制の変更によって大規模なリストラが必要になるうえに、技術が流出すると考えていたからだ。それを防ぐためにも、垂直統合型が最善だと日系電機メーカーは認識する傾向があった。

ところが、実際は違った。垂直統合型に固執するあまり、AV機器の急速な価格下落に対応しきれず、業績は悪化の一途をたどる。最終的には優秀な技術者をリストラせざるをえず、放り出された技術者たちは韓国や台湾、中国の家電メーカーにスカウトされていった。会社が恐れていた技術は、結果的に人にくっついて流出することになった。

「垂直統合型を維持すれば技術流出は食い止められるというのは幻想で、むしろ制御できない技術流出を招いてしまうことを、各社はこの数年で学んだのだろう」(長内准教授)

ソニーは09年にメキシコ、10年にスロバキアの液晶テレビの組み立て工場を台湾の大手EMS(製造請負企業)のフォックスコンに売却する等、パナソニックやシャープよりも早く、水平分業型への移行を進めてきた。今回のパソコン事業売却も、こうした流れかれ見れば決して不思議ではない。

一方で、「最近、スマートフォン事業は今まで水平分業型だったが、やや統合型に振っている。ソニーは最近、メリハリをつけていることが感じられる」(長内准教授)という。

確かに、12年4月に平井一夫社長が就任してすぐ、12年6月にケミカルプロダクツ関連事業を日本政策投資銀行に売却、同年9月にメディカル事業強化のためにオリンパスと業務資本提携を締結した。今年1月にはルネサスエレクトロニクスの鶴岡工場を買収するなど、事業構造の改革に関する動きは活発だ。

もっとも、ソニーは09年3月期から4期連続で最終赤字に転落し、四の五の言っていられないほど追い込まれていたという事情もある。

ソニーは復活のために、かつてあったワクワク感、ソニーらしさを取り戻すことを最優先に掲げている。業界内からは、その“らしさ”を追求するなかで、垂直か水平かについては関係なく、事業の再構築を進めるという「吹っ切れた感じ」があるという声も聞こえる。

残るはこの変化を業績数字で見せることだ。特に、未だに赤字が続くテレビ事業は積年の課題。同事業は、2014年3月期第三四半期決算発表時で、通期で250億円の赤字予想だ。毎年のように黒字化すると宣言するものの、何度も反故にし続けており、今期も達成はできなかった。

ソニーから見え始めた変化に対する評価を下せるのは、誰もが待ち望むテレビ事業の黒字化が達成できてからになりそうだ。(ダイヤモンド・オンライン)

いつからなのかな?ソニー製品に対する信頼感が薄らいできたのは?かつて我が家にはソニー製品があふれていたなのに今でも見る影も無くなってしまった。「ソニータイマー」なる言葉を実感し始めてからかもしれない。確かに一定の期間で壊れるような気がするのは自分だけかな?

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

インド小型車市場で熱気の背景

2014.02.06 (Thu)
米フォード・モーター<F.N>や韓国の現代自動車<005380.KS>など世界の自動車メーカー各社は、今週インドで開催される国内最大の自動車ショーで小型セダンを披露する。これまで格安のハッチバックが独占してきたインド市場で小型セダンが次の売れ筋になると各社は期待している。

インドの自動車販売は低迷しており、3月までの1年間の販売台数は2年連続で前年比割れになる見通し。ただ、世界の自動車メーカーは、インドなどの新興国市場では、長期的な成長が見込めると予想している。

インド自動車市場で外資としてトップのシェアを誇る現代自動車は4日、小型セダン「Xcent(エクセント)」を発表した。来月発売を予定しているが、車体は4メートル以下で、インド国内の税金が安くなるという。

フォードも小型セダンの「フィーゴコンセプト」を初公開。同社は現在、ハッチバックの「フィーゴ」を販売しているが、小型セダンの「フィーゴ」も販売するかは明らかにしていない。ただ、同社幹部はロイターに対して、インドでの発売もさほど非現実的な話ではないと述べ、インドの小型セダン市場に「フィーゴ」で参入する可能性を示唆した。

各社がこぞって小型セダン車を投入するのには、ホンダ<7267.T>のセダン「アメイズ」のインドでの成功が背景にある。ホンダは昨年4月、初回購入者向けにセダンの「アメイズ」を発売した。最低価格は52万0500ルピー(8300ドル)に設定され、これが奏功し、12月までの同社の市場シェアは2倍近い4.7%に拡大した。アメイズの価格は、同社の大型セダン「シティ」の最低価格(74万2000ルピー)よりもかなり抑えられている。

エマージング・マーケッツ・オートモーティブ・アドバイザーズのディレクター、DeepeshRathore氏は「駆動力もあり、ただの小型ハッチバックではない小型セダンを購入した人は、いい買い物をしたと満足しているだろう」と指摘。同氏は5年以内に小型セダンの販売が2倍以上に拡大すると予想している。

インド自動車工業会(SIAM)によると、昨年4─12月のインドの自動車販売は前年比6%減少した。一方、マルチ・スズキの小型セダン「DZire」の同時期の販売は、25%と大幅に伸びた。

国内自動車大手のタタ・モーターズ<TAMO.NS>も今年後半に小型セダンを投入する計画。

同社は3日、海外メーカーとの競争激化で減少する国内販売の巻き返しを図るため4年ぶりに小型車の新モデルを2種類発表した。(ロイター)

へーインドで外資トップは現代だったんだ。何か意外だね。てっきりスズキだと思っていたけど、だけどこれから日本車の巻き返しが始まるよ。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------


Category: 未分類 | Comment(0)

9―3÷1/3+1=?新入社員の正答率

2014.02.05 (Wed)

「ガレージセール」不要品を売る・あげる・交換する。


9―3÷1/3+1」(1/3は、3分の1)の答えは? ある大手自動車部品メーカーが、高卒と大卒の技術者の新入社員をテストしたところ、正答率は4割にとどまった。中部経済連合会が3日に発表した、ものづくりの競争力についての提言に、能力低下の事例として盛り込まれた。

この大手部品メーカーは毎年、同様の算数テストを行っており、1980年代の正答率は9割だった。

基礎学力の低下のほかにも、中経連が会員企業に行った調査によると、企業が学生に求める能力と、実際の能力に差が広がっている。企業が採用の際に重視する能力は「コミュニケーション」がトップの87%。一方、学生に低下を感じるのもコミュニケーションが59%と最も多かった。

こうしたギャップから、特に中小企業で、若手社員の離職につながるケースが増えている。中経連は今後、「ゆとり教育で希薄化した初等教育の充実を図る」「授業にディベートを採用し、コミュニケーション能力を養う」ことなどについて、国や教育機関に改善を求めていく。

(答えは「1」)(朝日新聞デジタル)

掛け割を先にやるので、3÷1/3=3X3/1=9

9-9+1=1ということなんだね。うーん自分は数学から離れて久しいけど、つい先日まで学校に行っていた学生が出来ないのは由々しき問題だね。

会社に入るとわかるけど、三平方の定理とか比例算なんて結構使ったいたね。学生さんはもう一度数学の教科書を見ておいたほうが良いかもね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

サザエさん永井氏不在で収録

2014.02.04 (Tue)
国民的人気アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)の波平の声などで知られ、先月27日に亡くなった声優の永井一郎さん(享年82)の葬儀・告別式が3日、東京・青山葬儀所にてしめやかに営まれた。サザエ役の加藤みどりとカツオ役の冨永みーなは、報道陣の取材に応じ、1月末に永井さんのいない『サザエさん』の収録を行ったことを明かし、故人を偲んだ。

磯野家の子どもとして、役柄で弔辞を述べた加藤と冨永。記者の質問に対し、冨永は唇を震わせながら「悲しみを受け止めるので精一杯。とても大きな存在でした」と感謝。加藤が「(冨永は)永井さんとの絡みが一番多いし、お互い目一杯声を出してやり合っていた。横で聞いていて気持ちが良かったから、彼女は疲れたと思う」と思いやると、冨永は「すごく優しい方でした」と一筋の涙を流した。

永井さん亡き後、1月30日に2月16日放送分の『サザエさん』の収録が行われたことを報告。加藤は「あんまり急なのでね…。これから落ち着かなくちゃいけないと思うけど、みーなちゃんがスタジオの中で泣きっぱなしで。つられるじゃないかって思った」と、うつむきながら“大黒柱”不在収録を振り返った。

収録当日は、永井さんがいつも座っていた場所にお花が添えられていたといい、加藤は「厳しい悲しさだった」。冨永は「(いないのが)信じられない。受け入れられない」と語り、再びハンカチで目を覆った。

1969年10月の放送開始から45年間、永井さんと父娘役で共演してきた加藤は「『サザエさん』は、レギュラー21人の大所帯なんです。こういう時は助け合おう」と前を向き、「今までと変わらぬお力添えをよろしくお願いします」と呼びかけていた。

永井さんは、『サザエさん』を2月9日放送分まで収録済だったが、同16日放送分の波平の声は、仮の人の声で入れられた状態で未完成。フジテレビは、波平の後任に関して「調整中」とし「改めて発表させていただく」とした。(オリコン)

長寿番組だけに波平の声のイメージはそう簡単に変えられないね。今回、テレビ東京のガイアの夜明けのナレーションを再度、蟹江敬三から他の人に変わっていたけど、どうも体調不良のための緊急のためのようだね。ガイアの夜明けが蟹江さんを一度下ろした時の反響が凄かったようで、再度戻ってきた時には皆納得していた。

もちろん蟹江さんには今後も継続してほしいわけだけど、制作側はそういうわけにはいかないんだね。どこかでイメージを変えておく必要があるからね。

永井さんには心からご冥福をお祈りいたします。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

マクドナルドが宅配事業で復活なるか

2014.02.03 (Mon)
業績不振が長引く日本マクドナルドで、原田泳幸氏からバトンを受け取った新CEOのサラ・カサノバ氏は、2期連続で前年割れが続く既存店売上高を、2014年12月期にはプラスに転じさせるという固い決意を述べました。

その切り札として力を入れるのが宅配事業。現在マクドナルドは1500円以上の注文であれば、宅配料300円で自宅まで届けるサービス「マックデリバリー」を86店舗にて展開していますが、「以前に比べ、日本では宅配のニーズが高まっている」ことから、年末までに130店舗まで増やしていく計画を発表しました。

あるシンクタンクの調査によれば、12年度に約1兆8000億円の規模であった宅配市場は、17年度には約2兆2000億円へと拡大し、4000億円程度、20%以上の成長が見込まれています。

マクドナルドもこの成長市場へ本格的に参入し、自社の成長を促そうというもくろみですが、果たしてマクドナルドはこの宅配事業の強化で、本当に既存店の売上を大幅に拡大できるのでしょうか?

今回はマーケティング分析の手法である3C(Competitor:競合、Customer:顧客、Company:自社)の観点から検証していくことにしましょう。

まずは競合(Competitor)の宅配サービスの状況を分析していきます。

ファストフード業界で宅配を行っているのはマクドナルドだけではなく、モスバーガーやケンタッキーフライドチキンなどもすでに行っています。

例えば、モスバーガーがお届けサービスを行っている店舗を同社ホームページ上で検索すると、247件の店舗がヒットします。つまり、モスバーガーではすでにマクドナルドの3倍近い店舗が宅配を行っているということになります。しかも、モスバーガーでは店舗によっては1品から注文でき、宅配料は200円になっています。

同じようにケンタッキーフライドチキンでは「お届けケンタッキー」と称して、すでに83店舗で宅配を展開しており、例えば東京・三田店では1800円以上の注文であれば宅配料200円で自宅まで届けてくれるのです。

つまり、同じファストフード業界でも、すでに激しい顧客の奪い合いが繰り広げられているということになります。

加えて、この宅配市場を虎視眈々と狙うのはハンバーガー業界だけでなく、コンビニエンスストア業界などもかなりの力を入れています。

最大手のセブン-イレブンは75%の店舗に当たる1万2000店で、宅配専用の日替わり弁当や生鮮野菜などの宅配サービス「セブンミール」を展開しており、12年度の売り上げは、およそ200億円を計上しています。さらに15年度には5倍の1000億円にまで拡大させる計画です。

この顧客の“玄関口を押さえる”宅配市場は数少ない安定的な成長が見込める市場だけに、ほかにもファミリーレストランや宅配ピザ、宅配寿司など数多くの企業が入り乱れ、激戦を繰り広げている市場といっても過言ではないでしょう。

このような状況の中で、いかに“ハンバーガー業界の雄”であるマクドナルドといえども、強力なライバルを打ち負かしてシェアを順調に拡大していくことは難しいといわざるを得ないでしょう。

続いては顧客面(Customer)からの分析を行っていきましょう。

マクドナルドの新CEOであるカサノバ氏は、宅配のメインターゲットとして高齢者や子育てに忙しい主婦を想定しています。

確かにシンクタンクの調査では、高齢者増加や女性の社会進出により家で調理する時間のなくなった家庭の宅配ニーズの高まり、市場が成長していると分析しています。加えて、特に高齢者などはマクドナルドの店舗に足を運びにくい現実を考えれば、宅配サービスを提供することによって、注文が増えるという結果も考えられるでしょう。

ただ、それを見極めるためには、高齢者がマクドナルドを食べたくてもなんらかの障害があって食べられない、という確証を得なければなりません。そして、その障害を取り除く手段が宅配であれば、売り上げが大きく伸びる可能性があるということなのです。

例えば、フレッシュネスバーガーは女性に大きめのハンバーガーを食べてもらおうというキャンペーンを企画します。同社はキャンペーンに当たり、女性が現状の大きなハンバーガーを食べない原因を分析したところ、「大口を開けて食べる姿が恥ずかしいという障害があるからではないのか?」という仮説に至ります。そこで、女性の閉じた“おちょぼ口”が描かれた包装紙を製作し、女性としては“はしたない”と思われている「ハンバーガーを“がっついている”姿」が見えないように工夫しました。

すると、なんと女性の大きなハンバーガーの購入が前月比213%もアップしたのです。

マクドナルドもこれと同じように、もしターゲットを高齢者に定めるのなら、ハンバーガーを購入するのにどのような障害があるのかを見極めて、解消してあげる必要があるというわけです。

また、高齢者をメインターゲットにするならば、1500円という最低注文価格は、量の面からいってもそれ自体がハードルになるでしょうから、大幅に引き下げなければならないでしょう。

最後に自社(Company)を分析していくことにしましょう。

ハンバーガー業界において、マクドナルドは圧倒的なシェアを誇るだけに、ブランド力は強力な強みになりそうです。雨の日など顧客が外に出たくない時に、「ハンバーガーのデリバリーを頼むのならマクドナルド」ということになる可能性も高いといえるでしょう。

また、ハンバーガーチェーンでは最大の店舗網を誇るという点も有利に働くでしょう。

ただ、“戦場”がハンバーガー業界ではなく、宅配市場になった時に、その強みがそのまま生きるかどうかには疑問が残ります。宅配市場では前述の通りコンビニ業界やファミリーレストラン業界、ピザや寿司などの専業企業が入り乱れて、激しい競争を繰り広げています。

店舗面ではセブン-イレブンは全国1万店以上の店舗で宅配を実施してマクドナルドを圧倒的に凌駕していますし、料理面ではピザや寿司など美味しいものもたくさんあります。つまり、このような異業種との競争において、マクドナルドは必ずしも絶対的な優位な立場にあるとはいえないのです。

確かに宅配市場は拡大基調にあり、外食企業が減りゆく需要を補うために宅配事業を始めることは有効な手段の一つになり得ます。一方で、数少ない成長市場のパイを奪い合う競争は日に日に激しくなり、いかにマクドナルドといえども市場を切り開くことは至難の業といえるのではないでしょうか。

果たして、新CEOの肝いりで拡大する宅配事業により、マクドナルドが不振を脱出できるのか?

その手腕に注目しましょう。(Business Journal)

マクドナルドは昔から子供に焦点をあてていた。幼い頃食べた味は一生忘れないからね。そろそろその作戦が効かなくなってきたのかもしれない。自分はこの記事の記者とは違った見方をするね。味とか大きさ以前にマクドナルドには昔から健康面でのハードルがある。脂肪だらけの食事に糖分の多い飲料にそろそろ皆気がついてきたのではないかな?

セブンのそうだけどマーケティングの対象は子供でなくて高齢者だ。「女性に大きめのハンバーガーを食べてもらおうというキャンペーン」を考えているうちはまあ復活はしないと思うね。

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)

IMFが新興国混乱に警戒呼び掛け

2014.02.01 (Sat)



国際通貨基金(IMF)は31日、新興国の市場混乱を受け、各国の中央銀行に国際金融市場の流動性悪化を警戒するよう呼び掛けた。IMF報道担当が意見表明した。

IMFは市場の混乱により、多くの国が国外資金調達の難航や成長の減速、資源価格の低迷に直面する可能性を指摘。混乱の原因に関しては「一つの引き金を特定することは難しい」と述べた。 (時事通信)

IMFは世界経済の安定機関ではなくて、どちらかと言うとアメリカ企業の保護機関のようなものだね。流動性悪化の警戒は危険な国からの撤退の時間稼ぎとも受け止められる。

今回の新興国の経済混乱にお隣の国が全然出てこないのはちょっと不思議だ。国を支える二大企業に今酷い状態だからね。さあ3月危機は来るのかな?

PR------------------------------------------------------
欲しかったあのブランド品が激安で手に入る
人気ブランド激安店
---------------------------------------------------------

Category: 未分類 | Comment(0)
back-to-top