FC2ブログ

名古屋鉄道瀬戸線の引退電車でつり革狩り?

2013.03.04 (Mon)
名古屋鉄道瀬戸線で3日、引退する車両のつり革を乗客が持ち帰る「つり革狩り」があった。車両は1978年3月から運行を始めた「6600系」。1時間18分の「さよなら運転」の後、乗っていた200人の鉄道ファンや親子連れが、持参したドライバーで次々とつり革を取り外していった。名古屋鉄道によると、同社の車両での「つり革狩り」は初の試み。(朝日新聞)

時々電車のつり革を勝手に失敬する輩がいるが、これは名古屋鉄道公認のつり革狩りでさぞ鉄道ファンは喜んだことだろう。

名鉄瀬戸線は栄町から尾張瀬戸を結んでおり、前身が瀬戸電気鉄道のため他の名鉄の駅とは接続していない。各駅に待避施設がないため、平行ダイヤしか組めない。栄町の駅から電車を選ぶ必要がないのだ。

瀬戸といえば瀬戸物の街として有名だ。たまには各駅停車で旅していみるものよいかもしれない。
Category: 未分類 | Comment(0)

LCCピーチ・アビエーションが就航1年、関空で記念式典

2013.03.02 (Sat)
関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションの就航1年を祝う記念式典が1日、関空LCC専用ターミナルであった。

就航1年を記念して2日午前11時まで現在の国内外8路線と今後新設する4路線の全12路線の片道運賃を1000円で販売すると発表。限定1万席で、インターネットなどで受け付ける。ピーチは昨年3月1日、札幌(新千歳)と福岡の2路線1日7往復でスタートしたが、現在はソウル、香港、台北の海外3路線を含む8路線23往復に拡大。乗客数は当初想定を15%上回り、150万人を突破した。(毎日新聞)

LCCは今後、空港の整備とともに伸びていくことが予想されている。ピーチ親会社の全日空は自社の顧客はLCCとは競合しないとして強気の姿勢を示しているが、国内の移動する人々の全体のパイは決まっている。今後は中国の春秋航空の様に、他国の国内線需要を開拓していく必要がある。

価格競争はもちろん大歓迎だが、安全だけは手を抜かないで欲しいものだ。
Category: 未分類 | Comment(0)

セブンイレブン3月1日から四国で出店を開始

2013.03.01 (Fri)
セブン&アイ・ホールディングスの国内コンビニ、セブンイレブンが、3月1日から四国への出店開始する。2014年2月期に約140店舗、2019年2月末までには約570店舗を計画しており、一気呵成に四国を網羅する計画だ。(ロイター)

セブンイレブンが三月に入って動きだした。当面は香川と徳島への出店で、兵庫県と岡山県の製造および物流インフラを利用するらしい。

業界での不思議だったのがセブンイレブン四国出店だった。インフラが整わないと出て行かないのは有名だが本当に四国は送れた格好だ。これでセブンが無い県は、青森、鳥取、沖縄県になる。
Category: 未分類 | Comment(0)
back-to-top